大好きなうえだ こんなまちにできたらいいな!

いっしょに考え、ともに行動します。子どもたちに夢語れる未来をとどけましょう!

お産や子育て、介護にやさしいまち


上田市産婦人科病院と信州上田医療センターの役割と連携の強化

ともに笑顔輝く男女共同参画のまち


男女の役割を認め合い・支えあい「仕事と生活の調和の実現」

学びをつむぎ、健・幸が実感ができるまち


安心した居場所作りと地域の風土や資源を生かした健康づくりの推進

「梅雨のゆるっとお茶会 〜女性の「活躍」について考えよう〜」にオンライン会議に参加。

本日の午後
「梅雨のゆるっとお茶会 〜女性の「活躍」について考えよう〜」のオンライン会議に参加させていただ きました。
5月11日に開催した「選択的夫婦別姓 陳情アクション信州の勉強会」の第二弾。
本日は、〜女性の「活躍」について考えよう〜をテーマに市民参加超党派勉強会として、陳情アクション信州の事務局のお声がけにより、一般市民、地元国会議員、県議会議員、上田市議会議員が参加し、フラットな意見がお聞きできました。
お仲間にいれていだけたことに、感謝!

パネルディスカッションでは、女性キャリアの三人のトーク。
・川崎重工総務副部長の今村さん
・通信系企業のシステム開発部門チームリーダの森田さん
・県立高校教諭の内村さん
ご自分の生き方に自信を持ち、輝いている女性リーダーの話には刺激を受けました。

Q なぜ男女共同参画なのか
A. 男女の生活の質が上げられる。
QOL (クオリティ オブ ライフ)を向上
などと、端的に回答する今村さん。そして、「人間として輝いている」「だれかのために頑張れる」「社会の一員として役に立つ」サーバンドリーダー(支援型リーダ)的なことは、重要なことだと。

この支援が男女で当たり前に成り立ち、お互いを尊重することで、男女というより人間として、より輝くのだろうと思います。

*ごく一部の紹介となりましたが、
女性は“仕事”と“子育て”の二者択一を迫られることが多いのが現実でもあります。しかし、どちらも楽しみながら高みを目指す生き方の実現に声を上げていきたいと考えた、刺激を受けた会議でありました。

~せっかっく生きているからには、欲張りに生きてもいいのかなって~

本日オンライン会議を設定してくださった事務局の皆様ありがとうございました。
そして、このような議論をしていることを、若者たちにも伝えていきたい。次回は是非ご一緒に!

選択的夫婦別姓・全国陳情アクション
https://chinjyo-action.com/

Posted in 一般質問.

災害シンポジウム「10.12 台風災害を振りかえる」
(同時開催:上田市議会報告会)が開催されました。
会場に入りきれぬほどの大勢の皆様にご参加いただき心から感謝します。
◆第一部:市議会からの報告
(計画していたすべての議会報告会が台風災…

斉藤 加代美さんの投稿 2020年2月13日木曜日